薬剤科

関連施設・事業 > 部所・施設



薬剤科の理念

「薬の専門家として安全で安心な医療の担い手となる」


基本方針

1.薬に関する正しい評価をする
〜薬物療法における医薬品の品質・有効性・安全性の科学的評価〜

2.医療チームの一員として安全管理のキーマンになる
〜医薬品関連事故にかかわるリスクの軽減〜

3.徹底した薬学的管理をする
〜処方に関する医療関係者への適切なアドバイス〜

4.すべての薬剤の使用に責任を持つ
〜患者の利益を最終目標とした薬物療法の実践と医療システム全体の安全確保と円滑な運営〜



主な薬剤師業務

★外来処方
原則として院外原則として院外処方箋を発行しています。

★入院調剤
処方に記載された薬の使用量、用法、相互作用などの点検を行い疑義があれば処方した医師へ確認を行います。原則として入院処方は一包化しており、必要に応じて簡易縣濁法、粉砕など調剤方法を工夫しています。

★服薬指導
入院患者様のベッドサイドに出向きお薬の服用方法や注意事項などを説明し、患者様からの質問にお答えします。これにより薬の服用状況の確認、副作用の有無の確認などを行うとともに患者様とのコミュニケーションを図り顔の見える薬剤師を目指しています。

★注射剤の個人別セット

患者様毎に注射ラベルを発行し注射剤の個人別セットを行っています。これにより薬の取り違え等をなくし注射薬使用の安全性を高めています。

★無菌調剤
一部の注射剤(中心静脈注射)の無菌調剤を開始しました。
注射調剤室において無菌的環境下で薬剤の使用量・相互作用の確認を行い複数薬剤師の監査のもと混注を行い病棟に届けています。

★抗がん剤の監査・調剤
外来および入院患者様の抗がん剤の処方内容について、投与量・投与間隔などの監査を行い、複数薬剤師の確認の上安全キャビネットで混注を行っています。 あわせて服薬指導を行い、効果や副作用の説明、投与後の副作用のチェックを行います。

★ DI業務
薬剤の適正使用のために薬の新しい作用や副作用、安全性情報などの様々な薬剤情報を収集・整理し管理しています。また必要な情報は速やかにDIニュース、院内ランなどで提供しています。

★研修
病院薬剤師会、県薬剤師会、女性薬剤師会、製薬会社の学術講演会に参加し、薬局内でも勉強会を行い常に最新の情報を得られるよう努力しています。

〈このページの最初に戻る〉