化学療法室

関連施設・事業


化学療法とは?

化学療法とは、「抗がん薬」(がん細胞を破壊するために薬剤)を用いる治療法です。
手術や放射線療法が局所的ながんの治療に効果的なのに対し、化学療法(抗がん薬)は全身のどこにがん細胞があっても、それを死滅させる力を持っているので、全身的な治療方法になります。 副作用を軽くする方法により、これまで入院して治療しなければならなかったがん化学療法の一部が、通院により外来で行うことができるようになりました。患者さまの利便性、経済性と生活の質を高めることができます。

化学療法室写真

▼化学療法室▼

化学療法を受けられる方に少しでも快適に、リラックスしてお過ごしいただけるような化学療法室を充実させております。 フロアに3つの専用チェアーを設置しており、治療中にテレビ鑑賞、読書、飲食などができます。


薬剤室写真

▼薬剤室▼

医師から処方を受取り、薬剤師は処方と指示書とを照合して点滴の調製を進めていきます。 調製する際には清潔さと安全性を確保するためガウン、マスク、滅菌手袋、キャップを着用し、安全キャビネットという専用の装置を用いて調製します。

〈このページの最初に戻る〉